マイナビ

リクナビ

具体的な
仕事の内容

空調設備や給排水設備の設計をおこなう業務に携わっています。おもな仕事は、設備専用のCADを用いて、上司の指示書(スケッチなど)に基づき配管ルートを描くこと。また、建物の高さや部屋の広さに合わせて必要な機器の性能を割り出したり、配管口径を算定したり。お客様の要望を取り入れながら、適切な空調機器や衛生機器などの選定もおこなっています。

資格取得や現場での仕事にも挑戦したい

資格取得や現場での仕事にも挑戦したい

資格取得や現場での仕事にも挑戦したい

鳳工業を選んだ決め手は、説明会で「女性の先輩が設計をしている」と聞いたこと。施工管理(現場管理)の仕事が中心かと思っていたのですが、設計の話を詳しく聞いて、自分もここで働きたいと思ったんです。

私がいま携わっている業務は、平面図の作成。何度も描き直した設計図が認められ、そこから高さなども含めた立体的な「施工図」が作られていく時にやりがいを感じます。入社一年目なので、残念ながらまだ自分が携わった物件は竣工していません。2018年頃に、竣工した物件を目にできると思うのですが、その時にまた別な感動も味わえるのではないかと楽しみです。

目標は2級管工事施工管理技士の資格を取ること。まだ実務経験が受験資格に達していないので、まずは消防設備士の資格など、取れる資格にどんどんチャレンジしていきたいです。また、いずれは「施工図」を描けるようになりたいですね。そう考えるようになってから、工事の現場にも興味が湧いてきました。図面上と現場との違いを体感するためにも、現場を経験してみたいと考えています。

慣れてきた頃に確認を怠ったことで失敗

仕事での失敗談なのですが、自己判断の甘さによる日程の遅れを出してしまったことがあります。仕事を覚えたての頃は慎重だったのですが、少し慣れてきた頃に、内容や量について軽く目を通しただけで、上司へ提出するまでの時間を判断しました。でも、思いのほか時間がかかり、予定していた日時を過ぎてしまったんです。
この時は上司に迷惑をかけて申し訳なく思いました。それ以降は、しっかりと内容や量を確認してから取り掛かるようにしています。

先輩方の心づかいで、すぐ会社になじめました

「価値ある挑戦」を共に

先輩方の心づかいで、
すぐ会社になじめました

鳳工業は、従業員同士の”和”を大切にする会社です。入社した当初は何も分からず、もちろん知っている人もいないために心細い思いを抱えていました。でも、女性の先輩方が会社帰りにご飯に誘ってくださったり、廊下や更衣室で積極的に話しかけてくださったりしたので、すぐ会社になじむことができたんです。
男性の先輩方からも、気づかいの言葉をかけていただくことが多いですね。

学生のみなさんへのメッセージ

就職活動の時期は、毎日慣れないことやうまくいかないこと、分刻みで埋まったスケジュールなどで大変だと思います。でも就活中は、社会について、そして自分が本当にやりたいことについて改めて考えられる貴重な時間。そしてさまざまな立場の人と交流できる期間でもあります。ネットで情報を集めることも大切ですが、まずはその企業まで足を運んでみましょう。楽しむ気持ちを持ちながら頑張ってください!

1日のスケジュール

  • 出社

    メールをチェックし、必要な確認や返信を済ませて一日の仕事内容を検討。部署内の同僚のスケジュールも確認します。

  • 朝礼

    それぞれの今日一日の予定を伝え合い、連絡事項や安全基本行動などを課の全員で確認してから業務に入ります。

  • 昼食

    近くのコンビニなどで買ってきたランチを、隣席の女性の先輩と楽しくおしゃべりしながら食べることが多いです。

  • 業務再開

    当日が期限の図面を作成して上司に確認してもらいます。訂正があればすぐに取り掛かり、17:00には仕上げるようにします。

  • 退社

    完成図面を上司に提出。翌日必要となりそうな書類を揃えておくなど、次も仕事の準備を済ませてから退社します。