マイナビ

リクナビ

具体的な
仕事の内容

さまざまな建物の、給排水設備や空調設備の施工を請け負う設備部に所属。今は現場監督の補助的な立場で、安全・工程・品質の管理に携わっています。具体的な仕事は、現場での荷受けや写真撮影、材料の発注など。工事のやり替えや工期の遅れが出たりしないよう、円滑に進めるために必要なチェック、現場管理を心がけています。

多くの人と協力して“街”をつくっている

多くの人と協力して“街”をつくっている

多くの人と協力して“街”をつくっている

もともと建設業に興味があって鳳工業に入社しました。何もなかった更地に、ある日、大規模な建物がドーンと現れる、つまり成果が目に見える仕事に大きな魅力を感じていたんです。“街をつくっている”という感慨がありますね。長く残るものだから、いつか自分に子どもができたら「お父さんがつくったんだよ」と自信を持って伝えたいです。

この仕事は、建物ができあがっていく過程が見えるので、完成した時の達成感は格別。そこに至るまでコツコツと日々努力し、現場の作業員の方たちや他社の作業員さんたちとのコミュニケーションを図りながら、みんなで協力して1つのものを造り上げることにやりがいを感じます。また、上司はもちろん現場の作業員の方もほとんど年上の男性ばかりなので、日々勉強になることが多いですね。

今後の目標は、一人前の現場監督として1つの現場を取り仕切ること。知識はもちろん、交渉術などのコミュニケーション力も高めて、より責任のある仕事に携わりたいと考えています。

失敗は数知れず。それを成長につなげていく

入社から2カ月経って、初めて現場に赴いた時は、右も左も分からず好奇心と不安が半々でした。それからいくつかの現場を経験しましたが、自分なりに頑張って仕事をしているつもりでも、不注意からの見落としで作業のやり替えをしなくてはいけなくなったり、必要な材料が足りなかったりと、たくさんの失敗を重ねてきました。

そのたびに上司である現場監督からは注意されたり叱られたりするのですが、それ以上に、作業の順番を入れ替えてもらうなど、全力でフォローしてもらえるんです。ありがたいし、何より心強いですね。だからこそ、「同じミスは繰り返さないようにしよう。先輩に助けてもらった分、成長しよう」と思っています。

困っている人を総出で応援する人情味ある会社

困っている人を総出で応援する人情味ある会社

困っている人を総出で応援する
人情味ある会社

鳳工業は、ひとことで言えば“人情味のある会社”。同僚が携わっていたとある現場で、「工期に間に合わないかもしれない!」というトラブルがあったのですが、会社から応援の人材を出して、社内検査などの現場の仕事を分配し、納期に間に合わせたことがありました。
純粋に、困っている仲間がいれば社員総出で「バックアップしよう」という姿勢が行き渡っているんです。

学生のみなさんへのメッセージ

とにかく鳳工業は“人情味あふれる会社”。困ったことや分からないことは、上司に相談すれば必ず助けてもらえます。私も、公私ともにいろいろな相談をしてきました。仕事内容は「ゼロからのスタート」になる人が多いと思いますが、全く知識や技術が無くても、続けていくうちにきちんと覚えられます。物おじしない活発な方、建設業に興味のある方、ぜひ鳳工業に来てください!心からお待ちしています。

1日のスケジュール

  • 出社

    朝は直接、現場の事務所へ。現場には、元請のゼネコンの協力企業から、さまざまな職種の人が集まっています。

  • 朝礼

    まずはラジオ体操。その後、作業員の方々と当日の作業内容を確認し、さらに危険個所の連絡などをおこないます。

  • 昼食

    近くの飲食店やコンビニを利用。現場によっては宅配弁当を食べることも。昼食後は午後に備えてしっかり休憩します。

  • 現場管理

    昼礼での連絡事項を作業員に伝達、施工状況の確認と施工写真の撮影、資材の荷受けなど。たくさんの仕事に取り組んでいます。

  • 退社

    事務所で写真・書類・図面の整理を行い、翌日の作業の段取りをして直接帰宅します。現場によって退社時間もかわります。