マイナビ

リクナビ

MV MV

社会インフラを支える

工事現場の社員たちが、

支障なく動けるために

総務部 総務課
井伊 由季II YUKI
経営情報学科 2017年入社

  • 文理

    • #文系
    • #理系
  • 事業部

    • #管理
    • #ガス導管工事
    • #ガス設備工事

    • #設備工事
    • #建設工事
  • 職種

    • #施工管理職
    • #見積設計職

    • #営業職
    • #事務職

具体的な仕事の内容

電話・来客対応、支払や入金などの伝票処理、会議資料の作成、保険関係の更新手続き、社有車両の管理、作業服等の手配・管理、支払処理など、全社に関わる多岐にわたる業務を行っています。最近では通常業務に加えて時期に応じた業務が発生することも多く、部内で協力し、役割分担をしながら取り組んでいます。

写真1

建設業の経理の仕組みを一から勉強

総務課は、会社全体の土台を担い、社員の皆さんが働きやすい環境を整える部署。人の暮らしを支えるインフラ業界で、自分にできることを探していた私にとっては、とてもやりがいのある仕事です。学生時代に基本的な日商簿記は学んでいましたが、実際の仕事では建設業ならではの用語や会計処理方法があり、簿記システムの使い方や仕組みを理解することも必要で、先輩に一から教えてもらいながら仕事を覚えました。

写真1

早くやるよりも、丁寧さが大事

業務の内容も多彩なので、なるべくミスをしないよう気をつけています。入社直後は焦りでミスをし、先輩に手伝ってもらいながらやり直したこともありました。急いで早く仕事を仕上げても、やり直しが発生してしまっては本末転倒となり、他部署や社外の方にご迷惑をおかけしてしまうこともあります。今は、先輩にこまめに中間報告をして、分からないことはその都度質問するようにしています。
現在は、建設業経理士の資格取得に向けて勉強中。後輩に仕事を教える中で、改めて理解が深まることもあり、総務の仕事の奥深さを実感しています。

写真2

写真2

会社の顔として、胸を張る

鳳工業のいいところはチームワークの良さや社員の笑顔の多さです。今でこそ現場に足を運ぶことは少ないですが、研修中に現場を見学させてもらったことがあります。その時先輩が「事務は売上を生むことはできないけれど、現場の社員がきちんと仕事できる環境を整える仕事。どんな職種も全て欠かせない仕事だよ」と教えていただき、現場の社員を支えている事務の仕事を誇らしいと思うようになりました。
対面や電話で、社外の方に接することも多く、鳳工業の代表として恥ずかしくないように、所作や言葉遣いに気をつけています。

学生の皆さんへのメッセージ

鳳工業の説明会や面接では、社員の温かい人柄がとても印象的でした。面接で会社を訪問した時に、社内で迷子になってしまったのですが、社員の方に声をかけてもらって面接会場まで案内してもらったことも(笑)。建設業界に独特なイメージを持っている方も、会社の生の雰囲気を感じてみたら印象が変わるかもしれません。ぜひ一度、鳳工業にお越しください。

学生の皆さんからの
質問にお答えします

  • Q.入社した理由(決め手)は何ですか?
    A.全国転勤がなく関西圏内で働くことが出来ることと、ガス事業・設備事業・建設事業などと様々な分野を扱っている総合的な設備会社であることです。
    一つだけではなく様々な学ぶ機会があることで活躍できる幅が広いことが魅力でした。
  • Q.ジョブローテーション中どんなことをしましたか?
    A.実際に現場に行ったり、業務補助を通じて各部署の仕事内容を教えてもらいました。部署を回ることで、多くの社員と関わることが出来ました。

学生の皆さんへのメッセージ

1日のスケジュール

  • 8:30 始業
    メールをチェックし、作業服や備品の支給依頼を確認して発注。来客や会議の予定など、その日のスケジュールも確認する。
  • 9:00 社内回覧物の処理
    これ以降随時、代表電話の対応や来客対応、訪問された業者さまへの対応など。
  • 9:30 届いた請求書の整理、
    支払伝票の作成
  • 11:30 事務用品や会社所定物品の
    在庫管理、発注作業
  • 12:00 休憩
  • 13:00 車両・電話器・事務機器
    などの伝票作成、費用請求処理
  • 16:30 車両関係の資料作成
    契約内容の確認や、一覧表の作成、関係部署への資料送付など。
  • 17:30 終業
  • OFFの姿

    中学・高校と6年間吹奏楽部に所属していました。当時から使っていた自分の楽器で、今でも時々、近所の音楽スタジオに足を運んで演奏することが気分転換の一つです。いつか友人と一緒に演奏する機会があればいいなと思います。

  • こんな子どもでした

    子どもの頃は、積み木やジグソーパズルで遊ぶのが好きな子どもでした。器用ではないけれど、へこたれずにコツコツと、少しずつ取り組む姿勢は今の仕事にもつながっているかもしれません。

他の先輩の紹介も見る